宮後工業について > 環境方針

宮後工業について

企業方針
  • 品質への取り組み

    宮後工業では品質管理部門を中心に開発、設計、生産、販売の全部門が協力し、フィードバックの効いた品質管理システムを構築しています。
    品質マネジメントの国際規格を取得していることでも証明されている通り、常に最高の品質を提供しつづけ、常にお客様から100%の満足をいただくこと、そして社会の信頼と期待に応えることが宮後工業の「ものづくりのこころ」です。

    宮後工業 品質への取り組み
  • 環境への取り組み

    宮後工業では環境対策にも力を入れています。独自の環境方針を設置して、環境マネジメントの国際規格ISO14001の認証も取得しています。鉛フリー半田対応のリフロー炉や炭化水素洗浄機はもちろんのことROHS基準の遵守を徹底し、生産物の部品から文房具に至るまで、企業活動のすべての面で環境負荷の削減を図っています。

    (環境にやさしい企業として事業活動を進めています。)

    宮後工業 環境への取り組み
環境方針
  • [環境理念]

    宮後工業株式会社は、地域及び地球規模での環境保全の重要性を深く認識し、環境に配慮した生産活動の推進を積極的に行い、環境との係わりを評価して環境を守り、回復に向けた環境調和型会社の実現を目指し環境管理を行う。

  • [基本方針]

    1.環境関連の法律、規制、協定及び宮後グループが同意したその他の要求事項を遵守し、可能な範囲で自主基準を制定して、社内の全職制を軸に環境保全活動を推進する。その為の専従機能として環境実行委員会を設置する。

    2.当社は事業活動を通じ、製品及びサービスが環境に与える影響を的確に捉えて、技術的・経済的に可能な範囲で環境目的、目標を定めて定期的に見直すと共に、環境汚染の予防に努める。

    ① 全ての部門で、省コスト・省資源・省エネルギーに取り組む。

    ② 廃棄物は、その発生総量の削減・管理をし、適切な処分及び有効利用に積極的、継続的に取り組む。

    ③ 法規制及び顧客が規定した環境関連物質の削減に取り組む。

    3.内部監査員を定め、年間計画に基づく環境監査を実施し、定期的に見直し環境マネジメントシステムの継続的改善を図る。

    4.環境教育や社内広報活動を実施して、全社員への環境方針の理解と環境情報の周知を行い、意識向上を図る。又、協力会社及び当社のために働く全ての人にも理解・協力を求める。

    5.上記4項目すべてにおいて、継続的改善をし、環境の保全に努める。

トップへ戻る